昨日につづきまして、工場の制作風景 プリーツ編

花柄のドレスの場合、チュールをかけるバージョンとかけないバージョンがございます。

チュールをかけたバージョンの上半身は、チュールで皺を作っています。専門用語では「プリーツ」といいます。

このプリーツは、縦方向の場合、横方向の場合、斜めの場合、また、一色ではなく複数カラーでまぜあわせる場合など、いろいろな組み合わせとなつてます。

どのように制作するかといいますと、一本一本皺を作っては、針でとめ、という作業の繰り返しです。

わざと皺がずれた感じにしたり、きれいな皺で制作したりと、デザインによります。

説明がながくなりまして、申し訳ございません。

もしよろしければ下記動画、ご参考くださいませ。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中