スカートの内部の制作

表からスカートを見ると、

たとえばですが、

こちらのドレスですが、

スカートがふんわりしていますが、

どのドレスももともとふんわりした構造になつているわけではございません。

このようにするには、

まずは、下記の画像はパニエといいますが、

スカートを膨らませる骨格のような素材を1枚はきます。

そうしてドレスを着用いたしますと、

スカートがふんわりいたします。

ただし、もうひと手間かかります。

スカートにはボリュームがそれぞれ違います。

そのため、上記パニエだけではふくらみは同じになります。

そこでさらにボリュームを調整するために、

スカートの内部に固いチュールを何層も縫い付けていき、

最終的なボリュームを出していることになります。

その作業が下記の画像です。

スカートの内部のチュールの縫い付け作業になります。

ドレス作りは見えない部分でもいろいろな作業がございます。

ドレスにつきまして、ご質問がございましたら、ご連絡お待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中